トランスファーチューニングをしました

HD福井の定例ツーリングの1週間前にエアクリとマフラーを交換してから、アクセルを戻すとアフターファイヤーがパンパン!出まくりでした(T_T)

走れないこともないですが、エアクリとマフラーを交換したらお決まりのコンピューター(ECM)をいじらないと!

ハーレーを購入するまえからコンピューターのチューニングのことは考えておりました。

1番最初はサンダーマックスを考えていました。
良いなとおもったところはマフラーとかエアクリを変えても学習機能が優れていて結構補正をしてくれるみたいということでした。
PCと繋いで自分でいろいろいじれるのもいいなと思いました。
悪い点は標準の機能が一部使えなくなること。
一部の方には不具合も出ているらしい。
バッテリーが上がりやすくなるので保管しているときはバッテリー充電器に常につないでいないと上がってしまうらしい。
それと値段が高い!

バッテリーが上がりやすくなるってのと標準の機能が使えないのと不具合がでることがあるというマイナス面が購入意欲をなくしました。

次に考えたのはスクリーミンイーグルスーパープロチューナーです。
純正パーツで取り扱っているので安心感がある。
PCにつないで自分でいじれるのもいいですね。
サンダーマックスよりは安い。

でもこれを車両にあわせてチューニングしてもらうと結構なお値段になる!しかも近くにそのようなショップがないから相談もできない!全部県外!

というわけで純正のコンピューターを書き換えるコンピューターのチューニングをしようと決めたのです。
コンピューターを書き換えるチューニングをしているショップを探したらいくつかありました。
*モーターステージのトランスファーチューニング
*セブン・オー・セブン(707)のマックスフォーメーションチューニング
*サードプレイスのフラッシュチューニング
3つが自分の目に止まりました。

サードプレイスは実車を持ち込みダイナモを使ってチューニングする本格的な感じ。でも福岡にお店があって遠すぎ!
モーターステージはBBSでのやり取りやメールの返事が早くて印象が良かったです。マフラーを制作しているし経験豊富そう!値段も3つの中で一番お安い。
ということでモーターステージのトランスファーチューニングをお願いしました。

バイクの40AのヒューズをぬいてECMを外し、取り付けているエアークリーナーとマフラーの名前を書いたメモ紙を同梱しモーターステージに月曜日に発送。

水曜の午前中には帰ってきました。

ECMにはモーターステージのロゴのステッカー!チューニングしたって感じが出ていてかっこいい!
トランスファーチューニング後


初期設定の方法が書かれた紙が入っているのでその通りに!

アイドリングが800回転に落ちて、アフターファイヤーも全く出なくなりました。

こんなに変るもんなんだなと感心しました。

もう少し乗って様子を見たいと思います。

MOTOR STAGE トランスファーチューニング
¥63,000
代金引換手数料
¥800
消費税
¥3,190

合計¥66,990でした!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村