【3WAY】ベルボンの三脚シェルパ535?を買いました【一眼レフ】

今までNikonD5300で三脚をつかって蛍や星空や風景、物撮りなどをしてきました。

ですが今まで使っていた三脚の雲台が自由雲台で構図をきっちり決めるのが難しかったのと、三脚の脚が弱々しく物足りなくなってきたので、新しい三脚を購入しました

これでじつは三脚購入が3台目なのです。なんでこんなに買ってんだ!

カメラのキタムラに出向いて実際に三脚の質感や細部を見たり、家にカタログを持って帰って色々検討しました。

私が今回、三脚を選んだポイントが5つあります。

1.2WAY水準器付き(横+上下方向)
2.3WAY雲台であること(微調整で画角を決めれる)
3.クイックシュー付き
4.脚の径がなるべく太くて頑丈であること
5.デザイン

それを満たした三脚が

Velbon(ベルボン)のスタンダード三脚 Sherpa[シェルパ]シリーズ
シェルパ535?
でした!

Amazonですぐに届きました!

では開封!

DSC_0211.jpg
全体像です。脚は3段です。脚のレバーのロックを外したらワンタッチで伸縮可能です。

DSC_0212.jpg
脚の材質はアルミです。脚の径は26mmでしっかりしていて頑丈です。

DSC_0213.jpg
2WAY水準器がついてます。

DSC_0215.jpg
雲台は軽くて丈夫なマグネシウム製の雲台です。3WAYタイプ。
マグネシウム雲台も気に入っているポイントです。
雲台は分離可能ですので、別の雲台もつけれます。

DSC_0217.jpg
カタログには載っていなくて、購入してから気づいたのですがカメラとクイックシューを取り付けるときがコインを使わなくてもつけれる方式でした!!
これはちょっとのことですがかなり嬉しいポイントです。
クイックシューを取り付ける際わざわざコインを出す煩わしい動きから開放されます!
意外と三脚を決めるポイントかもしれません!!

DSC_0214.jpg
雲台のハンドルグリップ
ここもお気に入りのポイント。SLIKの三脚と比べた際、SLIKのはプラ感出まくりで気に入らなかったですがベルボンのはグリップ感あるラバーの材質みたいでいい感じです。ハンドルのデザインも気に入っています!

DSC_0218.jpg
ローアングルも決めれます!

DSC_0219.jpg
三脚ケース付属していました。

推奨機材はミラーレス+ズームレンズ、一眼レフ+標準ズーム、一眼レフ+望遠ズームで2.5kgまで対応しています。
同じシリーズにシェルパ545?もあります。
これは脚4段でたたんだ時コンパクトになります!参考までに!

これでしっかり安定させて長時間露光の撮影や星空撮影などいっぱい撮っていきたいとおもいます!

いい買い物できました

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村