エンジンのかからない耕運機の修理

 

近所のおじさんから、もう使わないから〜と母がもらってきた豆耕運機いわゆる小型耕運機

 

もらった耕運機はISEKI(ヰセキ)のマイペット63

 

しかしエンジンはかかりません!

 

 f:id:ittok:20170703103005j:image

f:id:ittok:20170703103142j:image

 

エンジンはOHVの単気筒ガソリンエンジン

 

エンジン始動の3要素のいい火花、いい圧縮、いい混合気のどれかがおかしくなっているはずです

 

プラグを取り外してからプラグコードに取り付け、クランキングさせ火花確認おk!→でも一応新品に交換しました

 

圧縮も抜けてる感じはなし!

 

となるとあとは混合気。

 

キャブレターのドレーンを緩めるとガソリンが出てくるのでキャブレターまでは燃料が来ていることはわかりました。

 

一度、泡タイプのキャブレタークリーナーを吹き付け、キャブレターを掃除しましたが、

 

変化なし。

 

ということでキャブレターを耕運機から取り外してキャブレターのお掃除。

 

ガソリンを貯めておくフロート室は古いガソリンでドロドロ

f:id:ittok:20170703110249p:image

 

 

メインジェットを外してキャブレタークリーナーを吹き付けるも液体が逆から出てこない!

f:id:ittok:20170703110306p:image

 

f:id:ittok:20170703110221p:image

 

細い針で突いて貫通させました。

 

どうやら古いガソリンのせいでメインジェットが詰まっていたみたいですな

 

その後キャブレターを取り付けてエンジン始動

 

ブルん!と一発始動!

 

直ってよかった〜

 

耕運機によく使われるフロート室キャブレターの構造、分解のリンクです→フロート式キャブレター

 

これで畑仕事楽になるわと母も喜んでおりました

 

なんか久しぶりの達成感だぁな

 

めでたしめでたし!